〜副業の始め方、ネット資産の作り方〜

Googleストリートビュー認定フォトグラファーの認定要件とは!?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

あまぞーです。

 

Googleの認定フォトグラファーとして認められるには360°写真を50枚以上投稿する必要があります!

投稿した写真が50枚を超える(要件を満たした写真)と、認定フォトグラファーの招待状がストリートビューアプリを通して届きます^^

それをアプリ上で承認すれば見事「認定フォトグラファー」になることができます♪

ただ、適当な写真をひたすら50枚投稿してももちろん招待状は届きません!

大きく3つの要件をクリアする必要があります。

1、画質

まず一つ目は「画像の品質」です。

  • 7.5 MP(3,840×1,920 ピクセル)以上
  • アスペクト比 2:1
  • 水平線付近に画像の隙間がない
  • 合成による著しいずれがない
  • 明るい部分も暗い部分も十分に細部を判別できる
  • 鮮明さ(手ぶれや被写体ぶれがなく、ピントが合っている)
  • 閲覧の妨げとなる効果やフィルタが適用されていない

 

2、結合性

二つ目は「結合性」です!

  • 結合された 360° 写真内に視線を妨げるものがない
  • 室内では 1 メートル間隔で、屋外では 3 メートルおきに撮影する
  • 画像の撮影範囲を道路まで広げて、Google マップで結合しやすくする

 

3、適切さ

最後は「適切さ」!

  • 写真に映る人や場所に掲載許可を取る
  • 地理上の正確な位置に画像を配置する
  • コンピュータで生成された場所を使用していない
  • 帰属情報の表示は下端部分に収める
  • 攻撃的または違法なコンテンツを含んでいない
  • 認定を受けた場合は、Google のセールスおよびブランディングのガイドラインに準拠する必要がある

 

このように大きく3つの要件をクリアした360°写真を50枚以上投稿すると招待状が来ます!

もっと細かくGoogleのポリシーを確認するには「マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシー」こちらに記載してあります!

まとめ

Googleストリートビューで副業でしっかり稼いでいくには「認定フォトグラファー」になるのがまず第一歩かと思います!

上記のような要件を満たした写真を撮るには撮影機材であったり、撮影のノウハウも必要になってきますので、

今後はその解説記事も公開しようと思います^^

是非、参考にしてみてくださいね!

 

今日はこの辺で!

ほなまた(*^▽^*)

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あまぞーリワークPJT , 2019 All Rights Reserved.